Firefly Creation Shanghai

映像制作のプロがこっそり使っている裏技


映像制作のプロがこっそり使っている裏技

8月になり上海もすっかり暑くなりました。
FCS映像研究所代表の西塚です。

中国生活で欠かせないAPP微信(wechat)。毎日使用してますが、まだまだ知らない機能があったりしますね。
先日もチャット履歴を複数選択してまとめて転送できる機能があることを知りました。グループの中で重要な話が流れて行ってしまった時などにとても便利です。
今まで画面をキャプチャーして送っていたのですが、この機能であれば、テキストをコピーすることができるのでおススメです。

具体的使用方法をブログにまとめました。興味がある方は試してみてください。
http://chinamanager.atgj.net/Entry/258/


【映像撮影の裏ワザ その①】
映像業界人がなかなか教えたがらない撮影機材や編集技術をこっそりとお伝えします。動画視聴は無料ですが期間限定公開ですのでお見逃しなく。
1分の動画なので、ぜひ動画だけでも見て頂きビジネスに役立ててください!

第一弾は【プロンプター(テレプロンプター)】
こちらをクリックするとプロンプターの説明動画を視聴できます
日本から視聴の場合はこちらから

映像を見ている側からではなかなか気がつくことができない映像制作会社が使っている機材なので必見です!


【簡単用語解説】

プロンプター(正式名称:テレプロンプター)とはカメラ目線で演者のメッセージを撮影するための機材です。

インタビューや商品説明などカメラ目線でメッセージを届ける場合、伝えたい内容を暗記しなければなりません。








プロンプターを使えば、台詞を暗記する必要もなく、カメラ目線でメッセージを伝えることができます。また目線が泳ぐ心配もないので、メッセージ性の強い映像を撮影することができます。
NG回数、撮影時間を半分に短縮することができ、スタジオ利用時間、クライアントの台詞を覚える準備時間を大きく短縮でき、コスト削減と価値の向上を両立できます。
























コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。