Firefly Creation Shanghai

iPhone 7 Plusに搭載!デュアルレンズとは?

 

Appleが発表した「iPhone 7 Plus」にデュアルレンズ搭載されました。
http://www.apple.com/jp/iphone-7/


残念ながら「iPhone 7 」には搭載されなかったこのデュアルレンズ一体これまでのカメラとどこが違うのでしょうか?

 

デュアルレンズという名前からわかるように、「iPhone 7 Plus」には2つのレンズが搭載されました。右が望遠、左が広角。
 
写真をクリックすると提供先にジャンプします

2つのレンズを別々に使用するのではなく、組み合わせて使用するので、焦点距離やズームインで今までのiPhoneでは撮影できなかった写真を撮影することができます。

発売当初の一番大きな恩恵は、ズーム機能の向上


35mm判換算で56mm相当F2.8の望遠レンズを搭載することで、それまでデジタル処理で無理矢理拡大していた望遠をレンズ能力で実現できるので、ズームをした時の画質劣化を抑えることができます。

 

 

本当の恩恵は被写界深度の向上!でもアップデート待ちw

従来より搭載していた28mm相当F1.8の広角レンズを併用することで撮影写真の3次元データや深度図を記録することができるようになります。これによって、カメラアプリが自動的に写真の背景に段階的なボケを適用し、高価で大きな一眼レフカメラで撮られたような、被写界深度の浅いボケ感のある写真を撮ることができようになります。

「被写界深度(DOF)モード」と呼ばれるこの機能。しかし実際に使うことができるのは、アップデート待ちのようです。発売後すぐには使うことができないのは残念ですが、この機能があればもう旅先に重たい一眼レフカメラを持って行く必要性が・・・。

記事によると、Appleはこの機能もデベロッパーに開放するようなので、新しいカメラアプリが登場し写真の世界を広げてくれそうです。

ますます身近になっていく映像の世界

せっかく搭載されている高機能もその存在を知らないと宝の持ち腐れになってしまいます。

Firefly Creation Shanghaiでは、映像を身近に感じてもらうため映像に関する役立ち情報を配信しています。

【映像をビジネスに活用したい】そんな時

Firefly Creation Shanghai
メール:fcs@firefly-sh.com

お気軽にお問合せください。

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。