Firefly Creation Shanghai

パンダでもわかる! 無料 撮影&編集 相談会

パンダでもわかる! 無料 撮影&編集 相談会

一生涯使えるモノを修理して使う

Firefly Creation Shanghaiの西塚です。
私「良いモノを買って長く使いたい派」で特にアウトドアに使うものは、丈夫で修理ができ10年以上使えるモノを選びます。

ただ、バックパックだけは例外でした。と言うのもバックパックなどのナイロン製生地は裏面に防水ポリウレタンコーティングがされており、10年ほどで経年劣化のためベトベトした質感になり修理ができませんでした。

一生修理して使えるバックパックはないものかと調べたところありました!

macpac(マックパック)というニュージランドのメーカー
独自開発されたAZTEC PLUSという生地は防水性と耐久性を両立させた経年劣化によるベタつきが発生しないです。

10年以上一生使えるバックパックが欲しい方はぜひチェックしてみてください。



パンダでもわかる 無料 撮影&編集 相談会

ここ最近「自分達で映像撮りたいんだけど、機材は何買ったらいい?」という相談や「自分達で映像つくってみたんだけど、どうも素人臭さが抜けなくて何が悪いのか教えて?」というご質問を続けていただきました。

ビジネスに映像を本気で活用しようという企業が増えてきており大変嬉しく思います。

Cisco2016年レポートによるとインターネットの主役はPCからモバイルへ移行


同時にWEBから動画への移行がますます加速します。

2021年にはインターネットデータトラフィックの78%がVRやARをも含めた動画コンテンツになると予想されています。

今、企業がHPを持つのはあたり前になっていますが、あと数年でHP並みの動画コンテンツ活用は「確実な未来」です。

現に中国では微信(Wechat)による動画コンテンツ配信は日本以上に進歩しています。


「でも、うちはBtoBだから動画は・・・」
という方も他人ごとではありません。

微信は個人向けサービス以外にも「企業小助手」という企業向けサービスがあり社内のトレーニングや昇給テストなどを微信で動画やアンケート機能を使って実施することができます。

世界規模で人材獲得競争が激化する中、振興ベンチャーが「ビジョン」「理念」や「企業文化」を視覚化することで優秀な人材を集めています。


人材の流動性はますます高まり、日本企業がこれまで行ってきた集団採用/研修はできません。新人が入社する度に個別のトレーナーが教育を担当していては見えないコストが増加し徐々に企業の体力を削ります。

今や新人トレーニングはシステムや映像を活用したE-learningです。最低限必要な知識や業務スキルを動画やゲームで身に付けさせ、人が行うOJT前に原理・原則を学びます。
「なぜそれをやる必要があるのか?」という部分が事前にわかっているので、その後のOJTをスムーズに進められるのです。

今後は更に進化してVRやAR化も進むでしょう。


またE-learningはゲーム理論を取り入れることで、やさしい問題から徐々に難問へと難易度を変化させたり、記憶が薄れかけた時にリマインドし反復学習できる機能が実装され脳科学に基づいた理論的な学習をシステムがサポートします。

それらテストの結果を直接人事評価制度に反映させ、公正・公平な評価基準にしているのです。


先輩スタッフの業務負担軽減にも
それまで新人が入ってくると自分の仕事を中断して新人教育に当たっていた先輩社員も最低限必要な教育をE-learningに任せることができるので「せっかく教育したのに3か月で辞めた」と落ち込むことがなくなります。

全員が「E-learning」を実施し、その結果がログとして残っているので「それは聞いてません」「教えてもらっていません」という言い訳ができません。社内に共通言語ができることで、スタッフ間のコミュニケーショントラブルが回避できるのです。

少子高齢化対策に
今後日本や中国で急激に進む少子高齢化によって社内の重要なノウハウ等も次の世代に伝承していかなければなりません。後継者育成が間に合わない場合技術を映像として記録しておくことも重要です。


このように映像システムの活用はプロモーションの枠を越えてビジネスの根幹である理念、ビジョンから採用、教育、評価そして企業ノウハウの蓄積と多岐に渡ります。


必要なことはわかるけど。。。
これまで見てきたように今後ますます重要となってくる映像技術ですが、いざ企業で取り入れようとしても導入する予算も管理運用するノウハウがありません。

せっかく制作したコンテンツも「つくったはいいけど、活用されない/更新されない」となってしまうのは、それらを管理運用する人材が不足しているからなのです。

できることなら社内SEのように映像技術を社内の部門化できれば、必要な時すぐに撮影ができ、様々な用途に映像活用できるようになるのですが、現在そのような専門家は圧倒的に不足しています。

そんな確実に来る未来に対して「やらなければいけないことはわかってるけど、予算もない中で何からやれば・・・」と感じている方に向けて弊社として何かお手伝いできないかと思い、無料の相談会を実施することにしました。

「今世の中はどうなっているのか?」「先端企業はどのようなことをやっているのか?」「今自社はどのくらいのところにいるのか?」等現状を把握してみませんか?

パンダでもわかる無料撮影&編集相談会
日程:2017年7月1日~31日
時間:1組90分間
場所:上海市延安西路129号華僑大厦17階
   XNode Spaces
費用:無料
ご相談内容:映像機材/撮影方法/技能伝承/E-learning/ドローン/アクションカメラ/編集ソフト、他社での成功事例、最新企業動向‥等

お申込み方法:
①メール nishizuka@firefly-sh.com
②微信 微信ID:maskiz
どちらか一方に下記内容を添えてお申込みください
【記載内容】
 会社名:
 ご相談者:
 お申込み希望日:
 第一候補:7月 日 午前10時 午後13時 午後15時 午後17時
 第二候補:7月 日 午前10時 午後13時 午後15時 午後17時
 第三候補:7月 日 午前10時 午後13時 午後15時 午後17時

 お申込みは先着順とさせていただき、調整させていただきます。
 NDAに抵触しない範囲で最新事例などご紹介します。


無料なのはもちろん弊社にもメリットがあるから

現在弊社では映像コンテンツ制作ノウハウを教え社内で映像制作ができる育成プログラムを開発中です。

パッケージ化によって、安価にすることができたくさんのクライアントにご利用いただけると考えています。

簡単な撮影や編集はお客様自身で行うことができれば、自分達でできることとプロに依頼すべきことがより明確になります。

舞台裏を知ってもらうことは、完パケ映像を見るだけではわからない映像制作の付加価値を知る事に繋がるので、ノウハウの公開は決して弊社のデメリットにはならないのです。

弊社にとっても価値ある90分にしたいので、本気で未来に投資したいとお考えの方だけお申込みお願いします。

スケジュールは先着順とさせていただきますので、お申込みはお早めにお願いします。


コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。